2009年09月29日

ハミングバードチャリティ財団がひとり親の法人隊員に!


料理研究家であり女性起業家である飯田ようこさんが、今度は
社会起業されて創った財団、ハミングバードチャリティ財団さんが、
弊社のひとり親支援の心強いメンバーになって下さいました。

飯田さん自ら、自伝でも書かれているように、ひとり親でした。
しかも仕事と子育ての両立の困難さから鬱になり、そこから
立ちあがった方です。




こうしたビジネスで成功を収められた方が、どんどんとソーシャル
業界に参入してくれるのは、本当に心強いことです。
昔からの運動屋さんだけでは、ソーシャル業界の行く末は見えています。ビジネス業界から、政治の世界から、多様な人材がこのセクターに流入していかねば、タコつぼの中のマイナー集団が騒いでいるだけ、になってしまいます。

政治セクター、ビジネスセクター、に続く第三のセクター(サードセクター)を形成するためには、彼女のような人が参入してくれる必要があります。

フローレンスはこうした異業種から参入して下さる方々、あるいは異業種の企業などと異業種連携しながら、社会的課題を解決していきたいと思います。

ハミングバードチャリティ財団さま、本当にありがとうございました!

※フローレンスひとり親支援の「法人隊員」になりたい!という方はこちらまで!月々8400円でひとり親家庭をサポートできます!
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/


●ハミングバード(ハチドリ)チャリティ財団の名前の由来

 −ハチドリのひとしずく−

森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました
でもクリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました
「私は、私にできることをしているだけ」

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

株主総会に託児をつけたい、説明会に託児をつけたいという
イベント託児・イベント保育をご希望の企業様は
↓からお申し込み下さい。担当者の方からお見積もりを送らせて頂きます。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_others.html

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 17:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■デフレ再び? 8月の消費者物価、下落率最大に−財政民主主義を破壊し財政ゾンビを駆逐せよ!!
こんにちは。さまざまな統計数値などからみて、日本はすでにデフレスパイラルに入っていると思います。これから、脱出するためには、短期ではばら撒き政策も大事ですが、その後には、新しい産業を振興することや、日本ではまだ盛んではではないNPOによる社会事業を興隆させ、ある程度以上の経済主体にまで育てあげる必要があると思います。しかし、日本では、こうしたことを妨げる大きな障壁があります。それは、財務官僚による「似非財政民主主義」とこれを信奉する守旧派の「財政ゾンビ」の存在です。財政ゾンビは、一刻も早く、駆逐し打ち滅ぼすべき存在です。民主党は、官僚主導から政治主導にということを言っています。これを進めるために、最も優先順位の高いのは「財政ゾンビ」の駆逐だと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2009年09月30日 10:55
駒崎様
昨日のセミナーに参加させて頂きました阿部と申します。ブログを拝見させて頂きました。
8時間労働で悩まれたり、妙な話に気を揉まれたりした様子を、かなり赤裸々にかかれていらっしゃり、起業したばかりの私にとっては大変参考になる記事が多かったです。と同時に、前向きに事業に取り組まれている姿に、素直に感心しながら読ませて頂きました。
アイデンティティに書かれている、「気づいた人間」が事業を起こし、既存の仕組みにはなかった発想を形にし、社会にイノベーションを起こすのだ。 というフレーズは、とても嬉しかったです。
私事ですが、サラリーマン時代に起業することを仲の良い同僚に話した時に、「どうして起業するんだ?」と問われた時に「そこに問題があることに気づいてしまい、それを見て見ぬふりをするのが俺には出来ないんだ」と答えたことを思い出しました。

これから益々忙しくされることと思いますが、どうか御自分のお体には十分御自愛下さい。
益々の御活躍を願っております。

コメントにて、失礼致しました。


Posted by 阿部 at 2009年10月01日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129119336
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。