2009年08月21日

師との対談


参議院議員、鈴木寛さんと対談させて頂き、ストリーミングされています。
http://www.suzukan.tv/index2.html

鈴木寛さん、と他人行儀な言い方で書きましたが、実際は慶応大学湘南藤沢キャンパス時代に鈴木寛さんの授業を受けた人間としては、すずかん先生と呼ぶべきだし、実際仲良くして頂いています。

先生は教授時代から多くの生徒達に、まるで弟子のように取り囲まれていました。一種のカリスマで、僕の友人たちは彼に鼓舞され、色んな運動を起こしていました。

当時僕はちっともソーシャルじゃなく、学生映画の脚本を書いたり、ビジネスをかじり始めたりして、チームすずかんとは距離を置きながら、彼らの熱のこもった運動と、その後の選挙を眺めていたのでした。

大人になってから、先生とこんな風に話をするとは思いも寄らなかったです。つまり10年前の自分は今の自分を全く予想していなかったし、それはきっと10年後も予想できない、ということを意味するのだと思います。

すずかんTVは議員室をスタジオに代えて、色んな人と対談してそれを世の中に発信する、ということをされているのですが、先生らしい試みだなぁと思いました。

これって世の中に政策を発信する、という意図もありつつ、色んな人との絆を構築できるツールだったりするのかな、と。
普通、忙しいビジネスマンや政治家を呼んで、30分とかがっつりその人の活動の話をする機会って作りづらいわけですよね。でも、こうしてTVの前で話す、となると普通にきっちりとした話ができるものです。お互いに顔見知りになれるし、一度ちゃんとした話をすると、その議員を応援したくもなります。
こうして鈴木先生は、期せずして自分のファンをあらゆる業界に増やしていっているのだと思いました。

大学で見た光景を再び見たような既視感を感じました。多くの人々から好かれ、盛り立てられる人。

こういうインターネットの使い方、というかインターネットを道具としてちゃんと分かって使えている政治家が、はたしてどれだけいるだろうか、と考えると、彼の先見性に非常に学べるわけで、その意味で彼は今でも自分の「先生」だなと感じます。

多くの人から好かれ、盛りたてられ、繋がっていく先生を見ると、そういうことの全くできない自分を考えます。自分は誰かに好かれたり嫌われたりすることに鈍感で、立ちふさがるものがあればこれを撃て、とばかりに切り込んでいきたくなります。100人と殴り合おうが、義と思えばやります。自然と味方も増える一方で、敵も増え、結果として多くの人に応援され、盛り立てられる機会を失っていくタイプです。

そういった意味であるべき社会を創るための道具として、政治を選ぶことができず、事業しか寄る辺のない自分がいます。事業は万人に笑顔で握手しなくても良く、殴り殴られながらも、困った人をしっかりと助けていれば、そして真なる価値を生みだしていれば、きちんと回っていく。そうしたシンプルさが自分には合っていると思います。

先生から教わったこと、また今も教わっていることを血肉としつつ、しかし自分は一兵士として、社会のための闘いを闘おうと思います。返り血をしばし浴びながら。
御教授誠にありがとうございました。

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

株主総会に託児をつけたい、説明会に託児をつけたいという
イベント託児・イベント保育をご希望の企業様は
↓からお申し込み下さい。担当者の方からお見積もりを送らせて頂きます。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_others.html

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 00:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こまたん

拝聴しました^^
いいですね、愛が伝わってきました

熱のあるカメラ目線がくすぐったいwa

ありがとうございました
Posted by くりりん at 2009年08月21日 09:27
>くりりん

ありがとうございます。
愛しています。

動画だったら見る、あたりがくりりんのプロ魂を感じます。
Posted by 駒崎弘樹 at 2009年08月21日 23:20
お久しぶりです。熊本の岩越です。
駒崎さんの熱い言葉を久しぶりに聞かせていただきました。

駒崎さんを知ったことから、いろんな若い社会起業家の方を知るきっかけになりました。おかげで、日本の未来はまだまだ明るい・・最近そんな希望を持ててもいます。

またお会いし一緒に何かできたらいいですね。
Posted by 岩越 泉 at 2009年08月22日 16:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。