2009年07月27日

あっぱれ、ダイヤモンド


7月25日号の週刊ダイヤモンドが、「子ども危機」と称して特集を行っているが、かなり突っ込んだところまで書いてくれている。特にズブズブ認可保育園×社会福祉法人の部分は、よくぞここまで切り込んだ、と拍手を送りたい。





待機児童問題かまびすしい中で、なぜ保育園は増えないのか?なぜ新規参入ができないのか、という問題設定に対する分析。
以下、抜粋。
----------------

背景には、これまでの運営主体だった社会福祉法人団体が強く反対していることがある。

社会福祉法人とは社会福祉事業を行うことを目的として設立される法人で、さまざまな面で法的に優遇されている。前述のように、多くの認可保育園は社会福祉法人が運営している。

社会福祉法人が運営する認可保育園で構成される複数の団体は、「株式会社の運営では、利益ばかりが優先され保育の質が落ち、経営難になれば突然の閉園もある」と主張する。

株式会社の参入で、自らが淘汰されてしまう恐れもあるのだろう。時には政治力まで発揮し、猛反対に打って出る。

都道府県、市区町村の地方議員にとって、保育園関係者や園児の親は大事な票田で、運動会などのイベントがあれば、こまめに顔を出し挨拶をする。かつては、国政レベルでも自民党橋本派に対して、保育園の全国組織は大きな影響力を持っていた。

最近では、麻生太郎首相が挙げた幼稚園と保育園を一体化する「幼保一元化」が、業界団体を支持母体とする議員や省庁の反対で頓挫した。

(中略)

株式会社による(認可保育園の)新設に徹底的に反対している社会福祉法人だが、じつは、「社会福祉法人による認可保育園の多くは世襲されている」(認可保育園関係者)
理事長が人事権を持つために、「家族を副園長や、主任、事務長などに雇い入れれば一族で数千万円の収入となる」(同)という。言うまでもなくその多くは公的な補助金が充てられる。

新規参入に対して否定的な風潮の原因には、こうしたそもそもの閉鎖的な体質にもあるのだろう。もちろん世襲がすべて悪いわけではないが、過度な身内意識によって組織が硬直化しサービスの低下を招く可能性はあるし、実際そのような園も見受けられる。

----------------------------

と、いうような既得権益がべったり貼りついている、というのは保育業界では常識だ。だが一般の人々は「待機児童問題困るなぁ。国は保育園をたくさん作ってほしいなぁ」くらいにして考えていないのではないだろうか。

保育のための予算は対GDP比でメキシコとかよりも低いくらいなので、それは増額はすべきだろう。しかし現状の閉鎖市場のまま保育予算だけ増額しても、保育園は一向に増えないし、だから待機児童問題は解決しない。

この「社会福祉法人だけ優遇されて、株式会社・NPOとフェアな競争になっていない」という問題が解決されなければ、十分な数のプレイヤーを供給できないのだ。

また社会福祉法人及び社会福祉協議会(社会福祉法人の一種で、自治体の外郭団体。自治体OBの天下りを多数受け入れている)が、地域の福祉の様々な事業を行っているのだが、自治体との随意契約が氾濫し、これも公正な競争が形成されていない。

一例を挙げると「ファミリーサポートセンター事業」というものがある。こどもを預けたい親と、預かりたい子育て経験者をマッチングする事業だ。この事業、全国でやっているのだが、その半数が自治体直営。(自治体が自らやる必要は全くないのだが。)残りの半数の半分が、社会福祉協議会(外郭団体)が行っている。

例えばこうした「地域でやるべき」事業は、どんどん地域のNPOに出していけば、担い手が育成されていくし、NPOと社会福祉法人の競争が生まれ、サービスの質も上がっていく。

世の親たちは「保育園入れたら良いなぁ」で自分の子どもたちが保育園に入れたら「良かった良かった」で終わってしまう。
しかしそうやって喉元過ぎれば、を繰り返すことで、後に続く自分と同じ境遇の人々は困り続けるのだ。

財源探しに困っているかも知れない民主党さんに、ぜひ伝えたい。保育(認可保育園・周辺保育)業界は適正な競争環境がありません。補助金の生産性を高めるためにも、アンフェアな契約環境を解体していくことをお勧めします。返り血浴びようと、公立原理主義者の親たちからなじられようと、30年後の日本にはここに手を突っ込む必要があるのです。

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

株主総会に託児をつけたい、説明会に託児をつけたいという
イベント託児・イベント保育をご希望の企業様は
↓からお申し込み下さい。担当者の方からお見積もりを送らせて頂きます。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_others.html

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124303497
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ダイヤモンドは、あっぱれか?
Excerpt: やっと少しわかったのは、駒崎氏の保育園を運営する社会福祉法人に対する理解がどのようなもので、どこがどのように私の理解と違うのか、ということです。違いを明確にすることで、駒崎氏の提言する「第三の市場」を..
Weblog: 尻馬虎背日記
Tracked: 2009-08-18 16:30

ダイヤモンドは、あっぱれか? 2
Excerpt: ===承前=====当該記事において、理解できなかったことに触れてみます。公立保育園の民間委託に関する記述の部分です。(下線、筆者)>>たとえば、ある関東の自治体が民間に委託したケースでは、民間への引..
Weblog: 尻馬虎背日記
Tracked: 2009-08-18 16:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。