2009年07月01日

社会起業家、佐藤たかひろ氏(29歳)の仙台市長選出馬を個人的に応援します

http://www.kahoku.co.jp/news/2009/07/20090701t11021.htm
-------------------

仙台市長選 29歳佐藤氏出馬へ 民間発想の改革強調

 任期満了に伴う仙台市長選(7月12日告示、26日投票)で、ベンチャー企業を仙台市で経営する佐藤崇弘氏(29)は30日、無所属で立候補する意思を固めた。河北新報社の取材に対し「仙台市に競争力、PR力を付けて、日本をリードする都市にしたい」と述べた。3日にも正式に出馬表明する。

 佐藤氏は立候補を決意した理由を「たくさんの方から、市役所主導の政治を変えてほしいとのメールや電話をもらった。官主導の市政を変えることが自分にはできると判断した」と語った。

 主な施策として(1)民間から職員を積極登用し、市役所を活性化する(2)減税を実施し、企業立地や人口増を促す―などを訴えるという。

 佐藤氏は福島市出身で宮城大卒。在学中に障害者通所施設などを設立し、運営。長野県の全国公募で2004年、課長級職員に採用された。退職後の05年、仙台市内で障害者雇用を支援する会社を起業した。

 仙台市長選には現職の梅原克彦市長(55)、前副市長の奥山恵美子氏(58)、ともに市議の柳橋邦彦氏(68)、渡辺博氏(59)が立候補を表明している。

------------------------

「ベンチャー企業」とあるが、彼の経営する(株)ウィングルは、働く意欲に溢れた障がい者と、法定で決められただけ障がい者を雇用する義務のある企業のマッチングを行い、多くの障がい者の方々の雇用を創りだしてきたソーシャルベンチャーだ。

僕より1つ下ながら、フローレンスの5倍くらいの規模の社会的企業を経営する男として、かねがね注目していたし、メール等での親交はあった。

すごいことだ。社会起業家が100万都市の市長に挑戦する時代になったとは。地方自治体は、正式には「地方公共団体」と言う。法的には「政府」ではなく「団体」であり、広い意味でのNPOだ。
自治体を「行政する」のではなく「経営する」人材が、今ほど求められている時代もないだろう。

ただでさえ借金大国の日本。国の借金に加えて地方の借金はバカみたいに重くのしかかる。しかし地方自治体は国と同様に意味のない外郭団体を作りまくり、公務員OBの方々がそこに天下っている。

一方でそうした自治体を「経営」しなくてはならない首長(市長とか知事とか)は、役人出身者に大半が占められている。役人というのはお金を稼いでくる人ではなく、使う人である。かくて日本各地が緩慢なる衰退と言う名の大行進を行っている。

無所属で出る佐藤くん。一方相手の最有力候補は共産党以外の全ての党が相乗りしている副市長。常識的に言うと負け戦であろう。既存政党には組織票がべったりくっついている。

しかし、万が一の確率で彼が勝ったとしたら、衰退しつつある我が国には、実は変わる力がある、ということを何よりも雄弁に示してくれる事例になるだろう。

僕は埼玉県在住で選挙権はないけれど、仙台の方が羨ましい。なぜなら、日本を変える奇跡を起こせる権利が、彼ら一人一人にはあるからだ。

※ウィングル佐藤くんのインタビュー
http://www.dreamgate.gr.jp/feature/inteview/bestlife/85/sp04.html

※佐藤君のブログ
http://ameblo.jp/satotakahiro/entry-10290958774.html

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

株主総会に託児をつけたい、説明会に託児をつけたいという
イベント託児・イベント保育をご希望の企業様は
↓からお申し込み下さい。担当者の方からお見積もりを送らせて頂きます。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_others.html

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________

posted by 駒崎弘樹 at 11:33 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
一応「お久しぶりです」なkeinoです。
当選後が心配ですね。我がさいたま市長も議会運営で苦心していますし。でも確実にいい方向には向かってると思います。大胆な改革があるといろいろひずみも出てくると思いますがウマく対応したいものです。
Posted by keino at 2009年07月01日 18:12
なんだか応援したくなりました。
今の日本には、彼のような政治家が必要なのだと思います!
Posted by 山口エリ at 2009年07月01日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122582387
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

地方公共団体=NPO?
Excerpt: 新鮮な発想だ。 http://komazaki.seesaa.net/article/122582387.html 地方自治体は、正式には「地方公共団体」と言う。法的には「政府」ではなく「団体」で..
Weblog: 佐藤尚弘のブログ(案)
Tracked: 2009-07-01 23:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。