2009年06月10日

「やる」人よ、ここで研ぎ澄ませ



ETIC.社会起業塾が新たな応募者を募集しています。

僕はETIC.代表宮城さんにゴリゴリとメンタリングされながら、事業を立ち上げられて良かったな、と思っています。例えば、あまりに言いっぱなし(に当時の僕は感じた)のNECの社員の人にブチ切れた時も、宮城さんが「そんな態度の君に、多くの経営資源が集まってくると思うかい?」と問うてくれ、絶句して猛省した記憶があります。

また、ETIC.副代表の山内さんに「君は立ち上げるって言って随分時間経ってるけど、一体いつになったら始めるわけ?」と言い放たれ、心底悔しくなって「絶対やってやる」と燃えた、ということもありました。

いずれにせよ、何かスキルを学ぶ「塾」のメタファーよりも、おっかない先輩がいて励ましてくれたり、おせっかいな世話焼いてくれたり、っていう「部室」みたいな例えの方がしっくりくる気がしますが、そんなプログラムはここだけなので、出してみて損はないかと。

♯今回から横浜市がバックアップについたみたいだけども、これってすごいことだと思います。普通の自治体は、産業振興っていうと変な外郭団体とか訳わかんない中小企業診断士協会とかに委託しちゃうどうしようもないことをやりがちなんだけど、横浜市はETIC.みたいなソーシャルベンチャーと組んでいこうとするあたりが、さすがだな、と思いました。
後は何度も言ってしつこいですが、行政が直営でやる必要のない事業(ファミサポ・児童館・学童・一時保育施設・男女共同参画センター等など)を、社会福祉協議会みたいな非効率な準行政にやらせるんじゃなく、NPO・ソーシャルビジネスにプロポーザルで発注していきましょう、と。それが彼らを育てる最高の肥料なんですよ、と行政にいる方々にはよく分かって頂きたい。
行政はスマートに意志決定し、手を動かすのは地域の事業者へ。



社会の課題解決に立ち向かう、社会起業家を募集します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□ 想いからはじまった「活動」を「事業」にする半年間 ■□

   〜〜 NEC社会起業塾 第8期新規参加団体募集 〜〜
           http://www.etic.or.jp/svip/

  主催:NPO法人ETIC./オフィシャルパートナー:NEC・横浜市

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 NEC社会起業塾では、問題解決を事業として進めていく事業型NPO・
 社会貢献型企業を、半年間に渡って総合的に支援していきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【1】支援プログラム   〜事業を加速させる半年間〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ・プロフェッショナルとともに行う事業戦略ブラッシュアップ
 ・事業拡大のための顧客・事業パートナーの紹介
 ・インターンシップをはじめとする人材コーディネート
 ・プロジェクト推進奨励金とPCの提供
 ・メディアへのPR支援

    ↓↓さらに詳しい内容はコチラ↓↓
   http://www.etic.or.jp/svip/about.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【2】募集概要    〜社会を変える起業家を募集〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ≪対象となる事業≫
  ・社会的問題の解決を目的としている事業
  ・継続的に実施し、拡大することを志向する事業
  ・IT技術やウェブサービスなどを活用することが想定されている事業

 ≪エントリー資格≫
  ・中心メンバーが35歳以下であること
  ・事業、もしくは事業に向けた準備がすでに進んでいること

  ※居住地域は問いませんが、都内で実施する発表会などのための
   交通費は、支援金からの出費をお願いします。

 ≪エントリー期限≫
  2009年7月1日(水)

    ↓↓さらに詳しい内容はコチラ↓↓
   http://www.etic.or.jp/svip/apply.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3】これまでの参加者  〜こんな方々が参加しています〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●NPO法人フローレンス 代表 駒崎弘樹 
  http://www.florence.or.jp/
(医療と保育を融合した新サービスによって子育て家庭をサポートする事業)

 ●NPO法人かものはしプロジェクト 代表 村田早耶香
http://www.kamonohashi-project.net/
  (カンボジアの子ども買春問題を解決するためのIT職業訓練学校設立事業)

 ●NPO法人音の羽根 理事長 馬渡徹郎
  http://otohane.net/
  (「音楽」×「IT」で新たな社会貢献のカタチを創造する事業)

 ●NPOコトバノアトリエ 代表 山本繁
  http://www.kotolier.org/
  (ニート・ひきこもりの就業問題解決のための事業)

 ●ケアプロ株式会社 代表取締役社長 川添高志
  http://carepro.co.jp/
  (1分血液検査を通して、定期検診の機会がない人の健康増進を図る事業)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【4】エントリーはコチラ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このNEC社会起業塾によって、事業をさらにステップアップしたいと考
 える方は、以下のページの募集要項をよくお読みになった上、フォーマッ
 トをダウンロードしていただき、7月1日(水)までに、
 incu@etic.or.jpまでお送りください。
 >> http://www.etic.or.jp/svip/apply.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 NEC社会起業塾 http://www.etic.or.jp/svip/
主催:NPO法人ETIC. / オフィシャルパートナー:NEC・横浜市
----------------------------------------------------------------------
お問合せ -> incu@etic.or.jp / 03-5784-2115(担当:石塚・佐々木)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

株主総会に託児をつけたい、説明会に託児をつけたいという
イベント託児・イベント保育をご希望の企業様は
↓からお申し込み下さい。担当者の方からお見積もりを送らせて頂きます。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_others.html

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________

posted by 駒崎弘樹 at 22:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い情報を教えてくれて、ありがとうございます。
Posted by 山口エリ at 2009年06月10日 23:17
はじめまして。
大学院で心理学を専攻している相馬と申します。
私は、将来、子育て支援事業を立ち上げたいと思っております。
駒崎さんの書いた「『社会を変える』を仕事にする」を読んで、
フローレンスさんに、ぜひインターンとして参加させていただきたいと思いました。
そこで、さっそく昨日、ITICのインターンシップ説明会に行ってきました。
しかし、今年は修士論文を書き上げなければならず、
そちらとの両立は難しいだろうというアドバイスを頂き、
インターンは、来年からということになりました。

今は、目の前の課題(論文)に取り組み、
すっきりと切りを付けてから、再度、インターンに募集させていただきたいと思います。

ここで、このようなことを報告するのは場違いのような気もしたのですが、
今の企業に対する気持ちを覚ましたくないという思いから、
コメントさせていただきました。

それでは、長文、失礼いたしました。
Posted by 相馬 at 2009年06月11日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。