2009年05月11日

泣ける採用


今日、こどもレスキュー隊員に申し込んで下さった方。


25年近く行政の保育ママをされていたのだが、定年になって
フローレンスに応募してくれた。

子どもを預かるのが大好きで、ずっと地域の人の第二のお母さん代わりに
なってきた。ある時預かっている中で、子どもの病気がうつって体を壊し、
顔に軽い麻痺が残ってしまった。

それでも、子どもたちを放っておくわけにはいかない、と仕事に復帰。
それ以降も10数年保育ママをされてきた。

その使命感と貢献意識に涙が出そうになる。
こうした想いの強い方々が地域にいらっしゃるのは、資源以外の何で
あろうか。
こうした方々が社会のために生き生きと働ける場を用意するのが、
僕たちソーシャルビジネスの仕事だろう。

採用面接といっても、こっちが一方的に選別するというよりも、
お一人お一人の人生に寄り添い、追体験することで、素晴らしい人生と
出会える。本当に深い学びがそこにある。

素晴らしき出会いの多き仕事を与えてくれるこの社会に、感謝。

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

株主総会に託児をつけたい、説明会に託児をつけたいという
イベント託児・イベント保育をご希望の企業様は
↓からお申し込み下さい。担当者の方からお見積もりを送らせて頂きます。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_others.html

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________


posted by 駒崎弘樹 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。