2009年05月05日

病児保育の伝道師


ある専門学校から以前フローレンスに依頼が来た。
病児保育を学生に教えてほしい、と。
そこで弊社の保育スタッフの森永さんにお願いし、彼女が
講師となって学生を教え始めた。


その専門学校の方からメールを頂いた。

------

お世話になります。
東京医薬専門学校の●●です。

このたびは東京医薬の教育協力ありがとうございます。
森永先生のおかげで最近在校生へ実施の面談では
「授業が楽しい、面白い、わかりやすい」
という声がよく聞かれます。
本当にありがとうございます。

-------

と書かれており、追加で休日の体験授業もお願いしたい、という
ことであった。

病児保育は保育士を目指す学生たちの間でも、まだまだマイナーな
領域だ。ほとんどの学生が保育園に行き、病児保育に携わる人は
ごくごく一部だ。

そんな中、現場の喜びや楽しさを生徒たちに語ってくれる彼女の
ような人が出てきてくれたことを、本当に嬉しく思う。

彼女は耳に障がいを抱えている。一般の人よりも、相対的に聴力が
弱い。それを分かって採用した。内部に反対する人もいた。
僕も障がいを持っている人を採用するのは初めてだったので、
最初は迷った。人様の命を預かる仕事だから、何かあっては大変だ、と。
けれど関係なかった。彼女の努力の前では、そんなことは大した
問題ではなく、むしろ誰よりも適切な保育環境を創ってくれるように
なったのだ。

今では「まちかど保険室みなと」という施設の主任になってくれている。

こうした輝く保育スタッフがどんどんと出てくるよう、可能性を
開花してもらえるよう、どれだけ多くの想いと機会とコミュニケーション
を提供できるか、が経営者の仕事なんだろう。
それを改めて教えてもらった気がする。

______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

株主総会に託児をつけたい、説明会に託児をつけたいという
イベント託児・イベント保育をご希望の企業様は
↓からお申し込み下さい。担当者の方からお見積もりを送らせて頂きます。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_others.html

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________

posted by 駒崎弘樹 at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118670561
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。