2009年04月23日

日本はグリーン・ニューディールより、ヒューマン・ニューディール


先日、韓国の社会起業家と話していたら、韓国政府は現在「ヒューマン・ニューディール」を掲げ、韓国の福祉系社会的企業を応援しているらしい。


「ヒューマン・ニューディール」は、介護・保育・教育・農業などの労働集約性が高い内需産業に集中的に投資する政策。
日本もまた、「ヒューマン・ニューディール」を掲げるべきだ。
環境対策は政府の補助金を使わずとも、市場がそれで儲かると判断すれば勝手に動くし、既にエコ付加価値は認知され、企業は競ってエコ商品を開発している。下手な補助は競争力を削ぐことになりかねない。昔懐かしの産業政策でグローバル経済への競争力を生みだそうとするのは、如何なものか。

一方介護・保育・教育等は外国との競争ではなく内需を高め、更にはセーフティーネットとして機能するので、税金を投入する意味はあろう。
(農業は国際競争はあるけれど、食糧安全保障的観点から、補助はある程度は看過。)


外需産業に関しては極力規制緩和等で競争力を付けさせ、セーフティーネットに関わる産業に関しては準市場の創造と整備に投資する、という戦略が有効ではないだろうか。

※準市場とは、税金が投入された価格競争なき市場。介護保険市場や医療保険市場のように、消費者はある一定までお金を出せば、後は税金(≒保険料)から上乗せされて、事業者に支払われる。持てるものと持たざる者の格差を緩和し、なおかつ競争環境(良い病院と悪い病院は、良い病院の方が患者さんが来て、悪い病院は潰れる)を失わせないという特徴を持つ。


______________________

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

株主総会に託児をつけたい、説明会に託児をつけたいという
イベント託児・イベント保育をご希望の企業様は
↓からお申し込み下さい。担当者の方からお見積もりを送らせて頂きます。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_others.html

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________


posted by 駒崎弘樹 at 19:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駒崎さん

こんばんは。

本日開催された『脱・子どもの貧困サバイバルシンポジウム』にて、初めて駒崎さんのお話を拝聴致しました。

これまでの活動が凝縮されたシナリオ構成にユーモアを交えた語り口調で、私も見習わなければと思いました。

ヒューマン・ニューディールについてもお話されていらっしゃいましたね。

私も同感です。
環境技術へのアプローチも大切ですが、
まずは、日本社会に蔓延っている足元の問題を解決することが優先課題と考えます。
それが、日本全体の底上げにつながるはずです。
Posted by Visionary&Love at 2009年04月25日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。