2009年03月14日

友人が「日本中退予防研究所」を設立しました


コトバノアトリエの山本くんが「日本中退予防研究所」を設立しました。
業界用語でいうと川上戦略、というやつですね。



社会問題解決には、予防的アプローチと処方箋的アプローチがあります。
処方箋的アプローチとは、風邪をひいた時に風邪薬を出してあげるような取組みです。とっても重要ですが、例えば皆が薄着をして外に出ているのだとしたら、服を着せてあげないと、風邪薬が大量に必要になってしまいます。
風邪をひきやすい人に服を着せてあげたり、あるいは栄養のある食べ物を食べてもらったりして、風邪をひきにくい体にする。これが予防的アプローチです。

フローレンスがやっているワークライフバランス事業も、こどもが熱を出した時に預かる、という処方箋的アプローチに加え、そもそも働き方を変えて、こどもが熱を出したりしても安心して働き続けられるような職場を作りましょう、ということから始まりました。

アフリカの飢えた人々に食料を届けることをしつつ、農業支援をしたり教育支援を行って、自ら稼げるようにするのも予防的アプローチ。

失業した人に生活保護を取れるよう手伝いつつ、不当な解雇のないよう企業に働きかけることも予防的アプローチです。

マニアックな話ですが、予防的アプローチと処方箋的アプローチを包括した社会的サービス提供と並列して、政策実現(その手段としてのロビイング)というものがあり、政策実現も川上(予防的アプローチ)と川下(セーフティーネット的アプローチ)に分かれると考えられます。

社会問題解決のプロとしては、こうしたサービス提供(予防的アプローチ+処方箋的アプローチ)と政策実現を組み合わせて包括的な問題解決をしていくのが常道であり、正道です。

とはいえ、ただでさえマンパワーも資金力も少ないソーシャルビジネスが、その全てをやるのは非常に大変です。ですので一般的にはどれかに力点を置きながら、徐々に徐々に足場を作っていくのです。

今回山本君が包括的問題解決を目指して予防的アプローチに足を踏み出したことに、僕は拍手を送りたいなと思います。

友よ、互いの茨の道を通り抜けた後の平原で、いつか握手を交わせることを願っています。

-------------------

『日本中退予防研究所』設立に関して

この度、NPO コトバノアトリエ(代表理事:山本繁 所在地:東京都豊島区)は、若者たちの社会的弱者への
転落を予防することをミッションに、『日本中退予防研究所』を設立することになりましたので、ここにご報告
申し上げます。
ニートになるには、学校を卒業してニートになる、学校を中退してニートになる、仕事やアルバイトを辞めて
ニートになる、の3 つのプロセスしかありません。高校での中退者は年間7 万人強、大学・短大・専門学校での
中退者は年間13 万人以上いるとされます。
一方、大学・短大・専門学校の中退者のうち、その後ずっと正社員だった者は1 割未満、ずっとフリーター、
または無職だった者は約6 割に達するという調査結果があります。また、離学直後にフリーターだった者が、そ
の後正社員に就く確率は約26%といいます。
学生の中退を予防することによって、若者のニート化を防ぐと共に、中退した学生の転学・就職支援を行うこ
とによって、早期に手を差し伸べ、若者たちの社会的弱者への転落を予防しようというのが本事業の趣旨です。
具体的には、高校向けの出張授業、教職員向けのセミナー・研修事業、中退予防プログラムの開発とその導入支
援、マニュアル作成、中退カウンセラーの育成・派遣などが今後の活動内容です。
すでに取り組みを始めている活動もあります。全国に約50 の専門学校などを設置する滋慶学園グループ(学
校法人滋慶学園など)と共同で、この春、ニート・フリーターなどの進路未決定の若者を対象にした「キャリア
デザイン・コミュニケーション科」を東京スポーツ・レクリエーション専門学校と埼玉福祉専門学校で開講しま
す。当研究所は特に中退予防の観点から、本学科のカリキュラム立案などに参画しております。
今後も当NPO は、非営利組織の強みを生かしながら、社会の中で切り捨てられがちな若者たちの成長を支援
し、若者たちが未来に希望を持てる社会を見出していく所存です。
今後ともご指導・ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。
日本中退予防研究所 ホームページ http://www.kotolier.org/labo/

【本件に関するお問い合わせ】
NPO コトバノアトリエ
代表理事 山本繁
Tel/Fax 050-1071-8324
labo@kotolier.org



-----------------------

当記事はNPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹の個人的な著述です。
PCサイト http://www.florence.or.jp/
携帯サイト http://www.florence.or.jp/m/index.htm

病児保育で困っている、サービスを希望するという方は、
こちらのフローレンス本体のページから、お申し込み下さい。http://www.florence.or.jp/

フローレンスのサービスエリアは東京23区の足立区/板橋区/江戸川区/江東区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/台東区/中央区/千代田区/豊島区/中野区/文京区/港区/目黒区/荒川区/大田区/世田谷区/葛飾区/北区/練馬区 です。

ひとり親への超安価な病児保育サービス「ひとり親パック」に共鳴し、寄付を
して下さる!という方は、下記のフォームでお申し込みください。
http://www.florence.or.jp/corp/fr/fundraiser/

株主総会に託児をつけたい、説明会に託児をつけたいという
イベント託児・イベント保育をご希望の企業様は
↓からお申し込み下さい。担当者の方からお見積もりを送らせて頂きます。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_others.html

ワークライフバランスや男女共同参画、ソーシャルビジネスについての
講演を依頼されたい企業、自治体、メディアの方々は
↓からお申し込み下さい。
http://www.florence.or.jp/inquiry/form1/ask_kouen.htm


フローレンスへのインターンを希望される学生は、
NPO法人ETIC.の細田さん宛にご連絡頂ければと思います。
http://www.etic.or.jp/


いつもご支援頂き、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
_______________________
posted by 駒崎弘樹 at 22:15 | Comment(1) | TrackBack(1) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駒ちゃん
ご紹介ありがとうございます!
フロンティアで会いましょう、だよね。
お互い、体や家族を大事にしながら、
頑張っていきましょう!
また色々と相談に乗って下さい。
では!
Posted by 山本 at 2009年03月15日 10:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ありがとう/生活保護費/「生活保護費」:最新情報
Excerpt: 「39サーチ」では、あなたが入力したキーワード「生活保護費」に関する最新の感謝情報をインターネットから徹底検索しています。 「生活保護費」:最新情報 「生活保護費」関連商品を探す ..
Weblog: ありがとう
Tracked: 2009-03-16 08:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。